ゴルフ会員権と仮想通貨 750x410 - ゴルフ会員権と仮想通貨

ゴルフ会員権と仮想通貨

かつてバブル期に高騰し、バブル崩壊と共に大きく値崩れしたゴルフ会員権は、現在の仮想通貨とよく似ているという人がいます。しかし、本当に両者は似ているのでしょうか? 根本的には違う両者 確かにその価値を担保するものが脆弱(に見える)という点で、両者は似ているのかもしれません。しかし、実際にゴルフをすること以外に本当の意味で価値のないゴルフ会員権に対し、仮想通貨は実際にお金として機能しています。それは多くの仮想通貨対応カジノが実際に存在し、そこで多くのギャンブル好きが、スロットやポーカーを仮想通貨を使用して楽しんでいるという事実からもわかります。根本的な部分で、両者は違うのです。

Read More

グラウンド・ゴルフ 750x410 - グラウンド・ゴルフ

グラウンド・ゴルフ

グラウンド・ゴルフというスポーツをご存知ですか?このスポーツはその名にゴルフとあることからもわかるように、ゴルフをもとに昭和57年にこの日本で生み出されたスポーツです。シニア向けのスポーツとして人気が高く、それほどの体力は必要とされません。いうなれば、ゴルフとゲートボールの合いの子のようなスポーツです。 そのルール ルールは非常に簡単で、専用のクラブ、ボールを使い、任意の場所に置かれたホールポスト(下部にボールが入るようになっている)に何打で入れられるかを競うものです。ホールポストは自由に置いて構わないので、どのような場所でも遊べるのもこのスポーツの魅力の一つです。 沖縄ではゴルフ場でも開催される このスポーツは高齢者が多く、そして元気なことで知られる沖縄県で非常に高い人気を誇っています。沖縄にはゴルフクラブが多いこともあり、ゴルフ場でこのスポーツがおこなわれることも多々あります。 高齢者の方々も美しい芝生の中で運動不足が解消できるとあって、そのようなイベントはいつも好評を博しています。もちろん、若い方もプレーできるスポーツですので、機会があったら皆さまもぜひ参加してみてください。

Read More

ピート・ダイ 750x410 - ピート・ダイ

ピート・ダイ

ピート・ダイという名前をご存知の方は、きっとかなりのゴルフファンであることでしょう。彼は有名なゴルフ場設計家で、2019年に94歳で亡くなったというニュースがあったので、ここで今一度彼の生涯にスポットを当てていきたいと思います。 オハイオ州出身のゴルフ場設計家 鬼才と呼ばれたピート・ダイは、アメリカはオハイオ州に生を受けました。元々はゴルファーとして活躍し、アマチュア時代には全英アマにも出場しています。30歳頃にゴルフ場設計の道に入ったピート・ダイは、非常にタフなコースを設計することで世に名を知られるようになりました。そして2008年には、世界ゴルフ殿堂に迎えられることとなったのです。 ピート・ダイが設計した日本のゴルフ場 それほどの実績を残してきたピート・ダイですが、実は日本でも多くのゴルフ場設計に関わっています。その数は24にものぼり、どのコースも多くの日本人ゴルファーに愛され続けています。ここではその中から代表的なものを幾つか紹介していきます。 ピートダイG.C.ロイヤルコース(栃木) 成田ヒルズカントリークラブ(千葉) ウエストワンズカンツリークラブ(兵庫)

Read More

神戸ゴルフ倶楽部 750x410 - 神戸ゴルフ倶楽部

神戸ゴルフ倶楽部

日本で一番古いゴルフクラブがどこにあるのかご存知でしょうか?実は日本で一番古いゴルフクラブは神戸にあり、その成立年は1903年、なんと明治36年です。そんなに昔から日本でゴルフがおこなわれていたのです。その日本で一番古いゴルフクラブの名は「神戸ゴルフ倶楽部」。六甲山にあるゴルフクラブです。 イギリス人貿易商によって作られたゴルフクラブ このゴルフクラブを作ったのは、ゴルフ発祥の地イギリス出身の貿易商、アーサー・ヘスケス・グルームです。工事着工は1898年頃といわれ、当初は4ホールのコースであったといわれています。 この日本一の歴史を誇るゴルフクラブは、それだけに優秀なゴルファーを排出していて、日本人選手として初めて全英オープンに参加した宮本留吉や、日本初のプロゴルファーである福井覚治らはこのクラブから世に出ていきました。 またそのクラブハウスの美しさでも知られていて、実際その建物は近代化産業遺産、そして登録有形文化財にも指定されています。設計はウィリアム・メレル・ヴォーリズで、日本で活躍した西洋建築家です。

Read More